一言に目のクマといっても大きく分けて3種類に分けられます。それぞれに治し方は異なるため、どの種類のクマなのかをしっかり把握し、その種類にあった治し方をしてくことが大切です。一般的に思い浮かぶクマとしてあげられるのが、青クマです。
青クマは目の周りの血行が悪くなることによって、目の周りの薄い皮膚から毛細血管が透けて見えることでできてしまいます。冷えや生活習慣の悪さ、寝不足など様々な原因によって引き起こされます。

治し方としては、目の周りの血行を良くしていくことが必要です。マッサージや蒸しタオルなどで血行を良くしますが、マッサージをする場合には、皮膚に負担をかけないようにマッサージをしながら行います。日々のケアとしては血行を促進させるビタミンの入ったアイキララなどのアイクリームなどが効果的だとされています。

目の下が茶色くなる茶クマには二種類あります。紫外線ダメージや皮膚への刺激によってできる表皮レベルのクマの場合は、シミと同じ原理でできているため美白化粧品でのケアが有効です。ハイドロキノンなどの美白効果のある成分がケアにはオススメとなります。

真皮の茶クマはメラニン色素が皮膚の奥に沈着してしまっているため、治療するにはレーザーなどでの治療が効果的です。

黒クマは脂肪が少ないことで皮膚が凹むことで影ができるタイプと、加齢によって脂肪が緩んでたるみが生じることで凹みができるタイプの二種類があります。影ができている場合はヒアルロン酸などを注入して凹みをなくし、脂肪が緩んでできるタイプには脂肪を取り除く脱脂術などで対処することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です