シャンプーやトリートメントをして流した後、ドライヤーをした後、得に抜け毛が気になりますよね。

女性は、男性よりも長い髪の毛の場合がほとんどだから、目立ちやすいというのもあるでしょう。

それに、人間は毎日髪が抜けることは普通のことです。

でも、排水溝に溜まっている髪の毛を見ると「はぁ〜」と溜息が漏れてしまうことってありませんか?

「こんなに抜けたんだ・・・」とちょっと落ち込んでしまいますよね。

では、そもそも女性の髪の毛が抜けるのはなぜなのでしょうか。

その原因を探ってみました。

女性の髪の毛が抜ける原因には、さまざまな原因が考えられます。

先に申し上げた通り、女性ホルモンの影響が大きく関わっています。

また、女性でも、男性ホルモンが全くないというわけではありません。

だから、加齢とともに、女性ホルモンが減少することで、男性ホルモンが強く影響してくる場合もあります。

そうなると、男性のようにМ字型や頭の頂上がハゲてきてしまう「女性男性型脱毛症」になってしまうことも。

うーん、これは何としても避けたい脱毛症ですよね。

男性ホルモンが全面に出てくるなんて、恐ろしい・・・。

女性は、何歳になっても女性らしく綺麗でいたいもの。

だから、男性のようにハゲてしまうのは、とても悲しいですね。

他にも、髪の長い女性なら結んだり、櫛で梳いたり、ということをしますよね。

このような髪を引っ張るような行為も、女性の抜け毛の原因、「けん引性脱毛症」に繋がるのです。

この場合は、生え際などから抜け毛が進行します。

女性なら、誰もが幼い頃から経験のある行為ではないでしょうか。

やっぱり、“長い髪”は女性の代名詞。綺麗な長い髪をなびかせたり、結んで綺麗に整えたりしたいのは当然のことです。

でも、ある程度の年齢になったら、髪をあまり引っ張らないで済むような長さに整えることや、長くても、なるべく強く引っ張らないようにして、結ぶなど、気を付ける必要がありますね。

それから、女性によくありがちなダイエットも、抜け毛の原因になっている場合があります。

女性は細いことが“美”だと思い込んでいるところがあり、過度なダイエットをしがちです。

しかし、その理想的な細さを手に入れると同時に、失うものは、「美しい髪」。

ダイエットをすることで、栄養が髪に届かなくなり、髪が成長する前に抜け落ちてしまうということが起こってしまうのです。

ですから、無理なダイエットは行わず、正しい食生活を行うことも抜け毛予防には大切なことなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です