腹筋のインナーマッスルを鍛えるには、アブドミナル・スクイーズという腹式呼吸を行うトレーニングが効果的です。

床に仰向けに寝て、ひざを曲げ腹部の筋肉をリラックスさせます。

鼻からゆっくりと息を吸い込みます。

このとき、おヘソから下腹にかけての部分に空気を送り込むことをイメージして下さい。

次に、お腹に入った空気をしぼり出すように口から息を吐き切ります。

この呼吸運動を繰り返します。

このトレーニングを行う時に注意することは、呼吸をするときに力を入れて力んだりせず自然に、ゆったりとリラックスした状態で吸ったり吐いたりすることです。

腹筋のインナーマッスルには、この程度の腹式呼吸だけでも充分に効果があります。

アブドミナル・スクイーズは、1回に20~30回を目安に2~3セット行うとよいでしょう。

もっと本格的なトレーニングをしたいという場合には、ピラティスをお薦めします。

ピラティスは体の芯である体幹部のインナーマッスルを鍛えるエクササイズです。

腹筋周辺のインナーマッスルは、体を内側から支えるためのとても重要な筋肉です。

また、大切な内臓を守っているのも腹筋のインナーマッスルです。

健康的で柔軟性のある、安定した体とスラリとした美しい姿勢を実現するためにも、これらのトレーニングを続けて見て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です