風邪をひいたり、花粉症などのアレルギー性の鼻炎になったりすると、鼻が詰まり、呼吸をするのがとても大変になります。

いびきが鼻のこうした一過性の鼻づまりが原因で一時的にひどくなる場合は心配要りませんが、慢性的となると、改善策を考える必要があります。

いびきの原因が鼻づまりからきてる場合、睡眠時無呼吸症候群の可能性も心配しなければなりません。

睡眠時無呼吸症候群は、命の危険にまで発展する怖い病気です。

心当たりのある方は、できるだけ早い段階で専門医を受診するようにして下さい。

比較的軽いいびきであれば、鼻腔拡張テープなど、市販されているいびきを防止するグッズなどを利用して、鼻の通りをよくする方法もあります。

しかしあまりにも深刻な場合は、やはり医師の元でのいきび治療法が必要でしょう。

鼻マスクをするいびき治療法も選択肢の一つになるかもしれません。

鼻CPAP療法といって、鼻マスクをつけて眠ることで呼吸を楽にし、熟睡できるそうです。

いびき治療法としては、ほぼ100%の効果が認められるということです。

鼻CPAP療法は、いびきの治療法としては健康保険の適用外となり高額の治療費がかかりますが、無呼吸症候群と診断されると、保険が適用され、比較的安い治療費で、使用することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です